犬小屋(ウチ)のお預かり犬・グルーミングボランティア日記
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 7 10
15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[06/13 ナナママ]
[06/13 ファム母]
[06/13 れんまま]
[06/13 み~]
[06/11 細君]
[06/08 細君]
[06/07 私]
[06/06 ナナママ]
[06/06 れんまま]
[06/06 のりっぺ]
カウンター
プロフィール
HN:
パピ
性別:
非公開
最新TB
バーコード
アクセス解析
258  257  256  255  254  253  252  251  250  249  248 
ノフが旅立ちました。

ノフと過ごした20か月。
いつも、 いつ死んじゃうのだろう?
という心配と隣り合わせの長い20か月でした。

いつの頃からか、頑張るノフを見て、
もういつ死んでもノフを誇りに思えると感じつつ、
でも、もっともっといつまでも、
一緒に闘えるとも信じていました。

ノフは春を迎えた。
最後に、ノフは、お得意のガッツを見せてくれました。 

悪性リンパ腫という病気を抱えながら、
ノフらしく、力いっぱい、 長く生きることが出来たノフ。
エンジェルズ・テイルと大きな支援の輪があってこその事でした。

本当に、みなさん、応援ありがとうございました。


8ab48f36.JPG
▲ノフが最後に春を感じたという公園

ノフは、家に来た頃から、少し変わったコでした。

アイコンタクトもできなければ、
人の手からおやつがもらえる事も理解できず、
しっぽを振ることもありません。
とても人との暮らしを知っているとは思えませんでした。

甘えることも、お気に入りのベッドもなく、
ただ固い床の上で寝るノフを見て、
幸せなんだろうか?と何度も疑問に思いました。

それでも、思い返してみると、
最初の頃には、おもちゃで遊んだり、おやつをキープしたり、少しは普通のコらしい事もしていました。
特に今年に入ってからはしんどかったのかもしれないです。
やはり、病気がノフを変えてしまった面は大きいと思います。

結局、ノフは、私に気づいてくれたのでしょうか?
人という存在を理解してくれたでしょうか?

今度、犬に生まれ変わったら、
おやつをねだったり、お気に入りのベッドで寝たり、
甘えたり、おもちゃで遊んだり、、、
飼い主の顏を見上げてしっぽを振るような普通の幸せな犬になれるように願っています。


長い期間にわたって暖かいご支援をいただきありがとうございました。


eea63c16.JPG
▲私が最後に見たノフ

※後日、ノフの思い出写真をブログで紹介したいと思います。

◆◇この記事にコメントする◇◆
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ほんとよく頑張りましたね
2012/04/09(Mon)19:55:47
ノフ君ちゃんとパピさんに「ありがと」ってお別れしてたと思いますよ^^
里親会で誇らしげな感じで闊歩するノフ君に会う度に心は満たされてるといつも感じてました…
みんなに「頑張ろうよ!」「僕は生きてるよ、ここに居るよ」とワンワンしてた気がします。
ノフ君ありがと。
少しの~んびり楽しんで向こうからみんなの事応援しててね☆
姫mama URL [編集]
気付いてましたよ(>_<)
2012/04/09(Mon)20:54:42
パピさんの事、気付いていたに決まっているじゃないですか・・・・・。
尻に敷いていたかもしれないけれど( ̄▽ ̄;)
なんだか亭主関白な感じでしたね。

これだけノフくんが頑張れたのもパピさんが傍に居てくれたからですよ。

本当にお疲れ様でした。
介護の大変さを少しなりとも知っている者として、本当にお疲れ様でしたと言わせてください。

そしてこれからも、保護わんちゃん達のために頑張ってくださいね。
ナナママ [編集]
ノフ君お疲れ様でした!
2012/04/09(Mon)21:56:43
孤高のロッカー、ノフ君。
世の中に何かを訴えながらも最後は人の優しさを知り、気高く逝ったと思います。
ノフ君、パピさんお疲れ様でした。
ノフ君、安らかにね。
ほろみ [編集]
かっこ良かったノフ先輩
2012/04/09(Mon)22:24:18
持ち前のガッツと
パピさんの心のこもったケアで
奇跡を起こし続けたノフ先輩。
最期まで、やっぱり憧れのノフ先輩でした。
先輩、どうぞ安らかに…

パピさん、本当にお疲れさまでした。
さぼてん [編集]
追悼、ノフ君
2012/04/10(Tue)00:37:11
私が文月の預かりを始めたあの頃…
コモン君、ブッチ君、ノフ君、ハピ君みんな病気を
かかえていたけれど、写真を見るとまだ若かったのですね。もう皆虹の橋を渡ってしまいました。
でも里親に引き取られた子と同じように人の温もり
を感じ幸せな最期を迎えたのだと思います。
ノフ君は超個性派で 'Only One' の存在感が
ありましたね。ハピさんはその存在をまるごと
冷静に客観的に受け止めてましたよね。互いを
必要としていたのかも… 
ノフ君の遺産の大きさにこれから気づくのかも
しれませんね。本当にお疲れ様そしてありがとう♪
連笑ママ [編集]
姫mamaさん、ありがとう
2012/04/11(Wed)15:28:59
姫mamaさん、ありがとうございます。
ノフのワンワンのメッセージが皆にちゃんと届いていたのですね。
うれしいです。
パピ [編集]
ナナママさん、ありがとう
2012/04/11(Wed)15:35:05
ナナママさん、ありがとうございます。
そっか、気づいてくれてたのかな。
ノフの場合は、介護というよりも、ぐれてる息子との戦いみたいだったので(汗)、ナナママさんの経験には及ばないのでしょうけれど、いつも励ましてくださって気持ちが楽になれました。
ありがとうございました。
パピ [編集]
ほろみさん、ありがとう
2012/04/11(Wed)15:38:21
ほろみさん、ありがとうございます。
ノフがいつもワンワンするので、何に吠えてるのですか?と聞かれると、「世の中です」としか答えようがなく、、、
ハングリー精神は人一倍あったノフでした。
パピ [編集]
さぼてんさん、ありがとう
2012/04/11(Wed)15:40:58
さぼてんさん、ありがとうございました。
ノフ基金のかっこいいバナー、
吹き出しもノフらしくて、とても気に入っていました。
ノフ先輩って呼んでもらって、きっとノフは誇らしかったと思います。
パピ [編集]
連笑ママさん、ありがとう
2012/04/11(Wed)15:47:36
連笑ママさん、ありがとうございました。
昔の写真を見返すと、まだまだ元気なころのノフや仲間がいて、いまさらだけれど、楽しくて幸せだったのかなと思ったりもします。
そんな思い出とともに虹の橋を渡ってくれたと信じて、今後も頑張ります。
パピ [編集]