犬小屋(ウチ)のお預かり犬・グルーミングボランティア日記
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3
6 8 10 11
13 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/13 れんまま]
[08/08 みるねぇ]
[08/06 のりっぺ]
[08/06 のりっぺ]
[08/06 のりっぺ]
[08/04 れんまま]
[07/25 チャオお姉ちゃん]
[07/24 み~]
[07/23 私]
[07/15 細君]
カウンター
プロフィール
HN:
パピ
性別:
非公開
最新TB
バーコード
アクセス解析
1  2  3  4  5  6 
今日は、初代預かりっ子ノフくんの命日です。
とっても頑張り屋さんでした。


頑張り屋さんのノフくんは、
虹の橋に行くのではなく、
「お顔を切らせない神さま」
になって、
我が家に住みついているのではないか?
そう、思います。

まだ、頑張ってそうです(・_・;

今では良い子のM大先生も、
グーちゃんも、
「お顔を切らせない神さま」のしわざだよ。ぜったい(T_T)

今日は、エンジェルズ・テールの保護犬達が眠る「エンジェルズ・ゲート」で行われた法要に参加してきました。

「エンジェルズ・ゲート」には、
私の最初の預かりっコ・ノフくん、同じ頃に里親会に参加していたコモンくんや、大福くん、他、会ったこともないコも含め沢山眠っています。


沢山の飼い主さんが献花をし、お経をあげてもらいました。

餓鬼法要のお話しもお聞きできました。
それは、
愛ペットの供養と同時に人知れず可哀想な境遇の魂も供養し、そして、今に感謝することの大切さ…

保護活動やその応援も、我がコと自分が幸せだからこそ、片隅で不幸な目にあう存在を見逃せない。
まさに、その気持ちと同じなのでしょう。

ノフと言えば、
思い出すのは、パワフルな姿ばかり(;^_^A

ずーっと続く、
吠えながら出たり入ったり


ウチに来て早々、パワー炸裂

私も存在自体忘れていた犬用ドーナツを見つけて。

散歩はノンストップ!


あの底知れぬパワーは、何処から来ていたのかしら…

ノフくん、ありがとう。
天国では、穏やかでありますように(u_u)

4月7日で、エンジェルズ•テイルの保護犬 ノフが亡くなって、一年が経ちました。

去年はちょうど、この頃、桜が満開。

ノフがウチに来て間も無く悪性リンパ腫が発覚し、
以来ずっと、

この季節を乗り越えられるだろうか?
いや、次の季節を迎えるんだ!

と、いう気持ちで、
ひとつひとつ、なんとか乗り越えてきたので、
最後の最後に、ちゃんと春を迎えてから亡くなったノフを、よく頑張った!すごいよ!と誇りに思っていました。

ノフは、長い期間、本当によく頑張ったので、
もうこれ以上闘うのはかわいそうだから、これでいいんだと、自分を納得させてもいましたが、
時間が経ってみると、
ノフがいない悲しさと、色々と後悔もでてきます。

闘病前の本来のノフはどんなコだったのかな?
ウチに来たばかりの頃、
まだこげ茶色の毛で、そっと寄ってきていたノフ。
案外、ふつうのコだったのかもしれない。
そんな考えが、繰り返し浮かびます。

△ウチに来て一ヶ月の頃 膝の上で

激しくて変わった性格に思っていたりしたけど、気合いで病気を蹴散らすかのように闘っていたんだよね。
気づいてあげられなかったよ。ごめんね。

* * *

今、ウチには、
顔周りのお手入れ&カットはノーサンキュー!のムトがいるけれど、
ノフのノーサンキューぶりに比べたら、対した事ありません。
ここでも、並外れた気合いを見せていたノフ。

△ウチに来て八ヶ月の頃
「トリマーさんのウチですが、何か?」

う~ん。
やっぱり、もともと変わった性格だったのかな。
わかんないっ!

北浦和。
私にとっては未踏の地。

浦和といえば…
ベル家のみなさんと浦和ボーイズ。それから、浦和レッズ。
う~ん。。。以上です!

そんな私が、北浦和へ。

立ち読み(汗)した本で、知ったカフェ

「cafe nofu」 へ行くために。

ノフくんは、NOFというつづりなんですけど、
ノフと読むのかな?と思い、
お店のブログを見てみたら、
「のふぅ~」と読むみたいです。

それから、6月で2周年とあり、衝撃が走りました!
ノフくんも生きていれば、今年の6月は、保護されて2周年だったから。

そんなこんなで、
たどり着いた「カフェ ノフ」 (←私はこう呼んじゃいます)

0845.JPG

0846.JPG

1階は、和な古道具、お菓子なども売っています。
鄙びた感じは、2階のカフェも。
0861.JPG 
満席に近かったのですが、お客さんが帰られた後に撮影。

0865.JPG

0883.JPG

ボロさだけなら私だって…
0857.JPG

窓の外では、フラッグがはためいています。
0863.JPG

チーズケーキとコーヒー
道具のひとつひとつにこだわりを感じます。
0852.JPG

砂糖とクリーム
0872.JPG

素敵なカフェでした。
0885.JPG
また!

「カフェ ノフ」を後にして、そばにある大きな公園へ。
0894.JPG

公園の中には、埼玉県立近代美術館があります。
現在の企画展は
「ウルトラマンアート!
~時代と創造 ウルトラマン&ウルトラセブン」

ミュージアムショップにて、オリジナルエコバック発見。
0899.JPG
サイが玉に乗って…埼玉

埼玉県、なかなかやるなぁ~

ウルトラマン展も面白かった!

ウルトラマン展では、こんなパネル見つけました。
0927.JPG
キャプション
「ガッツ星人のわなにはまり、十字架にかけられたウルトラセブン」

ノフくん、ウルトラセブンさんにまで、こんな失礼なことを・・・


最後まで、ノフくんをめぐる旅となりました。

おわり


★リンク cafe nofu


夢を見ました。



前段でいろいろあって、

入るのが怖い洞窟みたいなところに私が入る番になりました。

入って進んでいくと、

いつのまにか医療福祉施設のようなところを歩いていました。

窓の外にいくつかの変わった光景をみたりしながら、

医療福祉施設によくあるようなナチュラルな木目調の内装の通路を歩いていくと、

待合スペースのような広いスペースへ出ました。

はじっこに、小さな3つのレーンがあって、それぞれに小型犬がいました。

左から目をやると、ヨーキー、そして、その隣は、ノフでした。

白っぽくて、さっぱりした短髪で、左肩あたりに採血の後のテープを貼っていました。

驚いて、ノフくん!と叫ぶと、

ノフが顏をあげて、少し前に進みでてきました。

さっぱりした表情で雰囲気が少し違うけれど、確かにノフくん。
とても静かで落ち着いた感じ。

あまりにも驚いてしまって、

ただ、ノフくん!ノフくん!と言っていると、

すぐに、やさしい笑みをたたえた女性に出口へ誘導されました。

それと一緒に、数歩、歩いてついてきたノフは、足がスラッと長く見えました。

そして、とても静かで爽やかな笑みを浮かべてこちらに顏を向けていました。



自分の嗚咽で目が覚めました。



ノフの魂が、

とても爽やかですっきりした状態でいられてるのでしょうか。

それなら良かった。



スピリチュアル系な話には縁がない私ですが、

会いに来てくれたと信じようと思います。


(先週の夢です。忘れないように書き留めておきました。)